Home > Microsoftの検索エンジン「bing」

Microsoftの検索エンジン「bing」

Microsoftの検索エンジン「bing」、ためしに使ってみた。

yokomote_c331.jpg

ファーストインプレッション。
うーん……なんか……読みにくい。使いにくそう。

行間がぎっちぎちなせいか、タイトルのフォントサイズが大きすぎるせいか、
「すべての検索結果」を必ず表示させようとするからか、
はたまた、無理やり1ページに大量の情報を載せようとするからか??

左側に「すべての検索結果」欄があるため、
肝心のサーチ結果欄は、ますます圧迫されて読みにくくなっている。

 1ページにできるだけたくさんの情報を載せようとするため、
せっかくのデスクリプションは、かなり短く編集されてしまっている。

「マインドマップ」でサーチすると、Googleは3行。
まだ続きがあることも「……」でわかりやすく教えてくれる。

bingにいたっては、

「マインドマップ®公式サイト マインドマップ®基礎講座のご案内。」

あっさり! (--; その先が大切なのに~~!!!


マインドマップではないソフト達が次々上位に出てくるのは、
なるほど、そういう認識しかお持ちでないのね、MS帝国さん……。

▼bing:「あれもこれも詰め込みました、便利でしょ!」と言われている気がする……

yokomote_c332.jpg


▼Google:自分で指定したキーワードの回答だけに集中できる

yokomote_c333.jpg


スポンサーエリアとサーチ結果のエリアの間隔がビミョーに狭いので、
間違ってスポンサーエリアをクリックする可能性が高い。

さらに、入力したキーワードの検索結果よりも、
ニュースや画像などの関連情報が上側で、堂々と押し付けてくる。
まぁこれは、人によっては便利なのかもしれないが、
個人的には、None of your business. むぅ。

調べる楽しさまで奪って押し付けるというのは、
インテリジェンスの時代に逆行している気がする。


茂木葉子のサイトは……。なるほど、納得(^^;
やけに熱心にこまめに頻繁に、MS帝国がアクセスしていることは、
日々のアクセス解析の結果から、気づいていた。

なるほど、そういう事情だったのねと、妙に納得・・・・・。

ただ、茂木はモノグサでありながら気まぐれでもあるので、
MS帝国さんが設定くださったデスクリプションは、
すでに変更してしまっていた、5日ほど前に……。

Googleは、新しいバージョンがとっくの昔に反映している。
さすが!としか、いいようがない。

今回、茂木葉子のマインドマップ関係のサイトを増築したため、
編集者 茂木葉子のサイト
茂木葉子 & マインドマップサイト
講座申込用サイト
上記3つのサイトが同時に稼動している。

Googleは、新しいサイトの情報もすでにすべてが揃っている。
一方、bingは、本家「編集者 茂木葉子のサイト」のみを引っ張り出してくる。

まぁ、まだベータ版なので。 長い目で見守ることにいたしませう。

Googleは、トップページの画像が日によって変化する。
こういう遊び心が、本当に楽しいです。大好き。

文字と画像をたくみに組み合わせて、毎回、楽しませてくれる。
その日のイベントや歳時記などを思い出させてくれて、じつにワクワクする。

今日のバージョンは横浜開港記念の図案。 よろしおすなぁ、こういうの♪ 
これを見たさに、毎日、アクセスしたくなる。

一方、bingには、こういう遊び心が感じられない。
どうせマネをするのなら、後発なんだから、
こういう遊び心を、もっともっと研究すればいいのに……。

鼻息荒く登場した、超左脳的bing。
どこまでGoogleの牙城を叩き壊せるか? 

お手並み拝見デス(^^)

茂木葉子の講座[学びの庭]
編集者&著者 茂木葉子
葉っぱの日ごよみ