Home > 書籍、入稿間近です

書籍、入稿間近です

7月から延々と制作していた書籍がようやく最終段階に入りました。
本来ならばもっと前に完成していたはずですが、スタートが出遅れてずるずる延びてしまいました。

ただ、6月最終日の「夏越の祓」ですべてをリセットさせてからのスタートになったので、実際は最適なタイミングだったのかもしれません。

それぞれの著者がアイデアを持ち寄って、限られたページ数の中にギッシリと盛り込むことができました。
ギッシリし過ぎて、「入らない、どうやって入れる?」のページレイアウトに時間がかかってしまいました。とても有難い状態です。


InDesignが喘ぐこと喘ぐこと……。重いデータを高速で移動させようとするので、動きについていけなくてプッツン・・・また落ちた。涙。
InDesignにリカバリーの機能が搭載されているおかげで、本当に助かりました。

あまり高速ではないマシン、しかもメモリも十分に搭載しているわけではないのに、この負荷に本当によく耐えてくれました。

共著のお二方も、当方の稚拙なやり方に本当によく耐えてくださいました。
出版社の編集さんも、風邪をこじらせて中耳炎にまでなりつつも、すばやく、かつ詳細まで適切な校正を返してくださって、本当にありがたかったです。

多くの方々に支えられて、書籍は完成します。

関わってくださった皆さんに心から感謝します。
ありがとうございました。


紙の書籍では、関わる全員のアイデアと意見が集約されて、1つの形になっていきます。
多くの目を通し、さまざまなアイデアを重ねるうちに、新たなオリジナルのアイデアへと育っていきます。
独りよがりでは、紙の書籍は完成しません。

一方、電子書籍の場合は、そこまでアイデアを煮詰めるまでに至っていないことが多いようです。
今の電子書籍は、コンバータの普及などによって、「誰でも簡単に出版できる」要素が整ってしまいました。このため、執筆からページ制作まで通して著者が一人で担当してしまい、第三者の意見やアイデアが入らないまま出版できてしまいます。
結果、独りよがりの書籍になってしまいがちです。

現在の電子書籍において、今一歩の電子書籍が多くなってしまったのは、こういう背景も関係がありそうです。

「誰でも出版できる」からこそ、きちんとプロの意見を通すことが重要です。
すべて、餅は餅屋、です。


……ただまあ、餅は餅屋であっても。
そのプロの意見を頑なに拒んで聞き入れず、自説を曲げない著者だったりすると、結局は、どんな場合でも独りよがりの書籍になってしまいます。

何十年もの執筆経験のある著者ならば、その方法もOKです。
しかし、新人が頑固で自説を曲げない書籍を作ってしまったら、それは、ただの自己満足。少なくとも、以後、プロの作家として活動することは難しいです。


それにしても。
書籍制作は、やっぱり面白いです。
そして、とても奥が深い。まだまだ究め方が足らない、反省する箇所が多々ありました。
本書を通して、一番学んだのは自分自身です。

関わってくださった皆様に、厚くお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

茂木葉子の講座[学びの庭]
編集者&著者 茂木葉子
葉っぱの日ごよみ