井上鑑氏「僕の音」ライブ2@音にこめられた 想い

2011年11月18日開催、
井上鑑氏の「僕の音」ライブ Volume2「秋の庭」
ライブレポート・マインドマップ、ようやく完成。

Volume2の今回は、
こわれやすさに焦点を当てた組曲「Fragile」、
障壁を考える組曲「Divider」を中心に構成されたライブで、
鑑さん曰く「スーパーアマチュアリズムの2時間」。

井上鑑氏 僕の音ライブ

 今年のテーマは「秋の庭」ということで、Redの照明が特に色鮮やかで際立っていた(照明は、藤本晴美さん)。

 個人的には、樹齢100年以上を越えたソメイヨシノの紅葉ず風景を感じてしまい、このモチーフをセントラルイメージとしてまとめたみた。
 構想は壮大だったのだが、時間が不足してしまい、雑な仕上がりになってしまった。


 当日のメモ書きは、全部で45枚。

 いつもは、このメモ書きから演奏順に時系列でミニマインドマップを描くのだが、今回は時間不足ゆえ、その工程を大幅に端折ってしまった。

 大切な工程を端折ってしまったのだから、やっぱり完成度は低くなる。
 突貫工事の手抜きマンションみたいな......(うー)。

 いずれ改めて、ミニマインドマップからまとめ直し、フルマインドマップ第二段を描く予定。
 なので、今回のこのマインドマップは「限りなく暫定版に近い第一弾」ということで......(詫

 正規のライブレポートも、ライブが行われたもともとの日付11/18に合わせて改めてアップする予定ということで......(詫2。


 当日のメモ書き全45枚を読み直してみると、
 メッセージ性の強いライブであったことを改めて感じる。

 良いライブは、色褪せない。

 鑑さん、関係者の皆さま
 ありがとうございました。