クリスマス、精霊たちが降りてくる

23日&24日、下北沢では「小径のノエル」と題して店舗前に色とりどりのキャンドルを灯すイベントが行われました。

下北沢「小径のノエル」

下北沢「小径のノエル」


「クリスマス」は、そもそもキリスト教のお祭りではなく、「冬至」のお祭り、生命の再生や豊穣を願うお祭りだったとか。
太陽の力が弱いこの季節は、精霊たちがやってくるかもしれません。精霊たちは自然の強い力を運んできてくれる存在。そんな精霊たちを迎えるため、キャンドルに火を灯すイベントです。

下北沢「小径のノエル」


店先に巨大キャンドルが多数置かれ、揺ら揺らする光たち。温かくてやわらかくて、精霊たちが降りてきて遊んでいるような感じでした。

下北沢「小径のノエル」


「カトリック世田谷教会」のクリスマスミサにも参列させていただきました。
参列者にはそれぞれキャンドルが配られ、ルルドの庭に集まってそれぞれ火を灯していただきます。そのキャンドルたちを祭壇に祭り、ミサが始まりました。

下北沢「小径のノエル」


お話に感動し、聖歌隊の歌声に癒され、いろいろと感じることがありました。
ミサが終わってから再びルルドの庭にキャンドルたちを捧げました。

厳かな氣持ちで過ごしたクリスマスイブでした。

下北沢「小径のノエル」