Jポップの歩み:未唯さん&鑑さん

 酒井政利氏の「Jポップの歩み」へ行きました。
 ゲストは、未唯Mieさん、井上鑑さん。

 当時のJポップの様子を踏まえつつ、「ペッパー警部」、「S・O・S」、「カルメン'77」、「渚のシンドバッド」、「ウォンテッド」、「UFO」、「サウスポー」、「モンスター」、「透明人間」、「カメレオン・アーミー」、「KISS IN THE DARK」、「OH!」を鑑賞。

 ひさしぶりに聞いても、いい曲はやっぱりいい。
 阿久悠さんと都倉俊一さんコンビのパワー、半端ないです。最前列は熱狂的な未唯さんファンが占めていて、曲がかかるたびに身体が動くこと動くこと......♪

 「つくる人がエネルギーを込めた音楽は、ちゃんと残る」と、井上鑑さん。
 仰るとおりです。そして、そういうエネルギーのこもった曲は、時代を越えても古く感じさせません。


 最後に、未唯さんの歌と鑑さんのピアノで、「OH!」「ありがとうの地球(ほし)」、さらには「ペッパー警部」。
 「OH!」、すごくいい曲だなあと改めて。
 「ありがとうの地球(ほし)」は鑑さんの作曲・編曲。数年前、未唯さんライブで鑑さんの演奏とともに聞いたことがありますが、今回も、未唯さんの愛情が溢れていて素敵でした。


 未唯さん、数年前のライブのときよりもさらにのびやかな声になっていました。ますます歌唱力と表現力が上がったようです。スリムで姿勢もよくて、齢を感じさせません。

 会場には、40代~60代とおぼしき男性諸氏のお姿が多かった。皆さん、当時、Mieちゃんのファンだったのだと思います。そういう男性諸氏に、今の未唯さんの姿は、とても嬉しく感じられたことでしょう。
 美しく齢を重ねられる未唯さんの今後がとても楽しみです。


 ひじょうに楽しい立春、正規2017年の幕開けとなりました。
 酒井さん、未唯さん、鑑さん。ありがとうございました。