6:本日の一冊:最近の記事

伊藤研人さん『世界放浪徒然草』Vol.3、出版☆

Vol.1(2/12)、Vol.2(3/12)に続く第三弾です。

世界放浪徒然草 Vol.3

2月12日、伊藤研人さんの『世界放浪徒然草 6年40ヵ国の旅物語 Vol.1』が
Amazon Kindleにて発売になりました。

 伊藤研人:世界放浪徒然草 6年40ヵ国の旅物語 Vol.01

先日、Facebookつながりの土屋先生の記述に、ミヒャエル・エンデさんの『モモ』のお話が出てきました。

どこかで読んだような記憶があります。でも、すでに忘却の彼方、どんな話だったかも思い出せないのです。すごく読み直したくなりました。

ミヒャエル・エンデさん、『モモ』以外も素敵な作品をいろいろ書いていらっしゃいます。もう1冊、『サーカス物語』も読みたくなりました。こういう書籍は借りる人が少ないようです。図書館本、待ち時間なしであっという間に借りることができました。

ミヒャエル・エンデ

アメリカ・インディアンの心に触れる

『今日という日は贈りもの』―ナンシー・ウッド―
『アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉』―エリコ・ロウ―

伊藤研人さんの講演会にてアッという間に売り切れてしまい(!!)、改めてネットで購入、読み終えました。

今日という日は贈りもの、アメリカ・インディアンの書物より賢い言葉

ムーミン本、読了☆

2014年は、トーベ・ヤンソンさん生誕100年。これを記念して、東京銀座 松屋での展覧会を皮切りに、全国でムーミン展が開催されています。
井上鑑さんは、松屋の展覧会に足を運んで感動し、以後、ムーミン本をすべて揃えて読んでいらっしゃるそうです。

この話をDSD Trioライブにて伺ったとき、私は地団駄を踏みました。

ムーミン原画展が開催されていること、知っていたのです。
しかし、私は行きませんでした。「動けなかった」が正しいですが、とにかく行動を起こさなかった......。そんな自分に情けなさを感じました。師匠さすがと思う一方で、弟子として猛烈に悔しい。

ムーミン本を読破しないと、この悔しさは打破できそうにありませんでした。


▼全9冊+青い鳥文庫(名言集、入れ忘れた...)

ムーミン全9冊+青い鳥文庫


パブロ・カザルスの半生マインドマップ

『鳥の歌』の作曲者&偉大なチェリスト パブロ・カザルスの生い立ちをマインドマップにしてみました。

パブロ・カザルス マインドマップ

難聴・耳鳴りは、加齢が原因ではない

難聴・耳鳴りは、加齢が原因ではない。

「耳の不調」が脳までダメにする
(中川雅文 著・講談社α新書)の中に出てきた言葉。

難聴・耳鳴りは、耳だけの問題ではなく、全身と関わりがある。

耳の不調が脳までダメにする

 

Google画面に雪を降らせる

これは、オモシロイなあ。
さすが、Google♪ Googleのこういう遊び心、大好きデス。


let_it_snow1.jpg

音楽書棚に『僕の音、僕の庭』を追加する

ようやく本書に関する個人的な感想を書き終わったので
『僕の音、僕の庭 鑑式音楽アレンジ論』を、仕事場の音楽書棚に追加した。

yokomote_music.jpg

 

 私淑する音楽家 井上鑑さんが、処女作『僕の音、僕の庭 鑑式アレンジ音楽論』(筑摩書房)を上梓なさった。

 鑑さん、おめでとうございます!

僕の音、僕の夢

出版社:筑摩書房
発売日:2011年8月8日
ISBN978-4-480-87367-5 C0073


毒になる親

毒になる親

著者:スーザン・フォワード (コンサルタント、セラピスト)
出版社:毎日出版社 ISBN4-620-31315-7
定価:1,600円 

 6年ほど前に読んだ本だが、今日また再び、どうしても読みたくなった。
 この本は、痛い。何度読んでも、やっぱり痛い。

 3.11以来、読書する傾向ががらりと変わってしまった。

 発生当時は、地震や津波関係の本を読みあさっていたが、少し落ち着いてきたら自己啓発本を読むことが多くなった。通常、自己啓発系の本はさほど読まないのだが、たて続けに読んでしまう。心が何か欲しているのかもしれない。本書は、その中の1冊。個人的には、ミラクルシュートの1冊である。

言い訳にサヨナラすればあなたの人生は輝く

松岡正剛氏 講演会@変は、快哉

 16日、新宿 紀伊國屋ホールで開かれた松岡正剛氏の講演会へ。
 今回の講演会は、求龍堂から出版された『危ない言葉』『切ない言葉』の出版を記念して開催されたものである。

『危ない言葉』『切ない言葉』


祝! 松丸本舗1周年!

10月23日牡羊座の満月。「1星座で2回満月が起こる」貴重な日。
本日、松丸本舗1周年を記念して、「店主閣の日」が開催された。

あれから1年。はやい......!

祝!松丸本舗1周年

発想する会社! The Art of Innovation

本日の1冊。

発想する会社! The Art of Innovation
(トム・ケリー&ジョナサン・リットマン) 早川書房

発想する会社

書籍との出会い=人との出会い

帰り際にいつも立ち寄る本屋さん。
小さな本屋さんなので、ビジネス書を扱う書棚は2つに限られる。

今日はそこに、目を惹くタイトルの書籍が平積みされていた。
サイレント・コーリング」(高橋佳子 著 三宝新書)

昨日はなかったので、今日から(今日のみ?)の平積みである。

「呼吸法」の講座

本日から、呼吸法の講座が始まった。
講師は、『呼吸の本』の著者 加藤俊朗氏。

7月3日に本書を入手し、CDを聴きつつ呼吸法を練習していたのだが、
マインドマップ同様、「百聞は一見にしかず」である。

本を読んだだけでわかった気持ちになっていることには、
さまざまな落とし穴がある。